携帯六法
民事執行法

附 則 (平成一九年六月二七日法律第九五号) 抄
この法律は、公布の日から起算して一年六月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
(検討等)
第九条 政府は、この法律の施行後三年を経過した場合において、この法律による改正後の規定の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。
第十条 政府は、被害者参加人(第一条の規定による改正後の刑事訴訟法第三百十六条の三十三第三項に規定する被害者参加人をいう。以下同じ。)の委託を受けた弁護士の役割の重要性にかんがみ、資力の乏しい被害者参加人も弁護士の法的援助を受けられるようにするため、必要な施策を講ずるよう努めるものとする。
前条
条の
六法の目次へ

(C) 6p00.jp
携帯六法